2016/12/27
通知カード、個人番号カードを紛失したら??
------------------------------------

通知カード、個人番号カードを紛失したら??

【通知カードを紛失した場合】

まず最寄の警察署に紛失届を提出し、警察で受理番号を発行してもらいましょう。それを市区町村役場に持参すれば、番号の再発行手続きができます。

また個人番号カードを発行する際に、通知カードが必要になります。個人番号カードは通知カードと交換する形になりますので、紛失した場合はそのままにせず速やかに再発行手続をしましょう。

【個人番号カードの紛失】

今年の1月からコールセンターが開設されておりますので、紛失した場合にはすぐに連絡して利用停止の手続きをします。クレッジットカードを紛失したときと同じ要領です。

 

個人カードには暗証カードには次の4つの機能がありますので、それぞれに対応した4つの暗証番号を設定することになります。

 

【個人番号】

①個人番号カード用(4桁)

②署名用電子証明書用(6桁以上16桁以内)

③利用者証明用電子証明書用(4桁)

④券面事項入力補助用(4桁)

 

身分証明書の機能がありますから悪用される可能性が高まります。

また、暗証番号は生年月日など予想されやすいものは避けなければなりません。4桁の暗証番号は同じものを利用することができますが、セキュリティ上は別の番号にするのが望ましいでしょう。


今年の年末調整後は、また改善がありそうですので、今後も国の動向など情報を発信していきます。


弊所尾崎社会保険労務士事務所は土曜日もお客様のご相談に対応しております。平日は忙しくてなかなか時間が取れない、という方も、お気軽にご連絡いただけますと幸いです。

マイナンバーに関するお問い合わせは尾崎社会保険労務士事務所まで!
弊所は
土曜日も対応しております!

  電話    042‐349‐7775
  e-mail   info@management-staff.co.jp
  までご連絡ください。




インフォメーション