2016/10/06
マイナンバーと年末調整
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

@給与所得者の扶養控除等異動申告書

自分と扶養家族のマイナンバーの記載が必要になります。

A配偶者特別控除申告書

マイナンバーの記載が必要になります。

B保険料控除申告書

マイナンバーの記載が必要になります。

C住宅借入金等特別控除申告書

マイナンバーの記載は不要です!実務上いままで通り。

マイナンバーの記載の要らない書類一覧
http://www.nta.go.jp/mynumberinfo/jizenjyoho/kaisei/pdf/fuyou2804.pdf

そのマイナンバーが正しいかどうかという「番号確認」と、手続きをしている者が確かに本人かという「身元確認」の両面で確認する必要があります。身元確認を行うのは、番号のみの身元確認では、他人へのなりすましのおそれがあるからです。

本人であることが間違いない場合は、2回目以降の身元確認については、確認書類などの提出を省略させることもできます。既にマイナンバーを取得している場合は、会社と従業員の合意があれば扶養控除等(異動)申告書へのマイナンバー記載を省略できます。

 申告書の余白部分に「マイナンバー(個人番号)については給与支払者に提供済みのマイナンバー(個人番号)と相違ない」旨を記載し、従業員と会社の双方で確認がとれれば大丈夫です。

マイナンバーの記載の省略方法など改善が多数なされています。今年の年末調整後は、また改善がありそうですので、今後も国の動向など情報を発信していきます。


弊所尾崎社会保険労務士事務所は土曜日もお客様のご相談に対応しております。平日は忙しくてなかなか時間が取れない、という方も、お気軽にご連絡いただけますと幸いです。

マイナンバーに関するお問い合わせは尾崎社会保険労務士事務所まで!
弊所は
土曜日も対応しております!

  電話    042‐349‐7775
  e-mail   info@management-staff.co.jp
  までご連絡ください。




インフォメーション