2016/2/27
新入社員対応について
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 
4月から新入社員を迎える事業主様も多いと思います。マイナンバー制度開始後の初の採用となる場合もあると思いますが、マイナンバーの提供を受ける際、本人確認書類として、下記の書類等が必要になります。

@運転免許証など、本人の写真が掲載され、住所あるいは生年月日が記載されている書類。

A官公署で発行する書類で、氏名と生年月日、あるいは住所が記載されている書類・公的保険の被保険者証・年金手帳(これらの内2種類を提出してもらう必要があります)。

Aで注意しなければならないのは、健康保険証は表には住所が記載されていないため、裏面のコピーも提出してもらう必要があるということです。

 なお、個人番号カードがあれば、本人確認書類は必要ありません。

 どのようなものが本人確認書類として使用できるのか、詳細が内閣官房のホームページに記載されておりますので、そちらのURLも掲載いたします。

 内閣官房のホームページ  
 http://www.cas.go.jp/jp/seisaku/bangoseido/pdf/kakunin.pdf

 
弊所尾崎社会保険労務士事務所は土曜日もお客様のご相談に対応しております。平日は忙しくてなかなか時間が取れない、という方も、お気軽にご連絡いただけますと幸いです。

※どのような方がマイナンバーの対象者になるか、一目でわかるチェックリストを掲載いたしました。ダウンロードして、活用していただけますと幸いです。

マイナンバーに関するお問い合わせは尾崎社会保険労務士事務所まで!
弊所は
土曜日も対応しております!

  電話    042‐349‐7775
  e-mail   info@management-staff.co.jp
  までご連絡ください。




インフォメーション