何のために我が社はあるのか、何のためにこの仕事をするのか、という経営の根幹にかかわる企業理念・企業使命感というものは、トップから新入社員までできるだけ一致した価値観であるほうが望ましいというのは言うまでもありません。価値観を統一し、同志経営推進のお手伝いをさせていただきます

1.企業理念・企業使命感とは
 企業理念・企業使命感というと、社長室の額縁に飾ってある「誠意」「和」といったものを連想されるかもしれません。しかしこうした言葉は分かりやすい反面、人それぞれ解釈が異なってしまうため、具体的な行動面ではかえってバラバラになってしまうことがあります。
 企業理念・企業使命感というものは、会社は社会でどのような役割を果たしているか、また、なぜ働くのかという明確な意義が分かるようになっていなければいけません。また、それが日常活動・業務のなかに組み込まれていなければなりません。セールスに例えるならば、なぜ自分の会社の製品を売らなければならないのかという明確な理念・セールスマンシップのことです。これがなければ、数字というノルマに追いかけられ、ただ「売るために売る」という無味乾燥な仕事になってしまいます。
 しかし、それが世の中に役立つからであり、お客様に喜びを提供するためであるということであれば、しかも、それが社員にきちんと浸透しているのであれば、おのずと責任感と誇りもわいてきます。このようになってこそ、企業理念・企業使命感があるといえるのです。

2.使命感づくり研修の実施
 企業使命感をつくるには、使命感討議の場が必要になります。これは使命感そのものをつくる目的とともに、つくり上げていくプロセスがきわめて重要となるからです。一緒につくり上げていく過程で使命感は共有されていきます。
 社外に依頼した企業理念や社是・社訓は、なかなか浸透せず、業績向上に結びつきません。社長が一人で作ったものの同様です。それなりにお金をかけ、エネルギーを使ったにもかかわらず、現場への落とし込みができないからです。
 討議は社長をはじめとして、役員・幹部・社員代表が一同に会し、1泊2日(宿泊が困難な場合は4〜5時間を3回程度)をかけて実施します。

@ 我が社の創業の精神は
A 我が社の商品の原点は何か
B 我が社にとってお客様はだれか。お客様の真の要望は何か

これらを踏まえて使命感を練り上げ、成文化します。

次に、企業使命感を達成するための行動の原点を以下の5つの要素に沿って具体化していきます。
@ ビジョン・・・我が社の行くべき方向・夢は何か
A 顧  客・・・お客様に対する姿勢はどうあるべきか
B 商  品・・・お客様にどのような商品を提供していくのか
C 管  理・・・我が社の管理の基本的なあり方は何か
D チームワーク・・・チームとしての最大価値は何か


使命感と行動の原点は、あわせて朝礼や会議の場でいっせいに唱和しますから、簡潔で言いやすい表現でまとめます。

>研修メニューに戻る




インフォメーション