2017/5/12

第7回 次世代リーダー養成道場実施報告!
------------------------------------

皆さん、こんにちは。

マネジメントスタッフ『人財育成支援部』です。

いつもお世話になっております。

 

地域企業のリーダー育成を支援する『次世代リーダー養成道場』

7回を実施いたしました。

今回は、「プラスのコミュニケーション」というテーマで行いました。

論理的に伝えるのは、効果的なコミュニケーションをするための

ひとつの要素にすぎません。

コミュニケーションの質、精度を高めるための大切なポイントに

ついて、ゲームや演習等を通して学んでいただきました。

 

以下、その概要です。

どうぞ、ご覧ください。

 

1.実施概要

 テーマ :「プラスのコミュニケーションをしよう!」

実施日時:平成29年5

開催場所:埼玉県日高市 某所

 

2.講義の内容

 

□前回の振り返り、各自一言挨拶

□今日のテーマ『プラスのコミュニケーション』

1.コンセンサス・ゲーム

2.コミュニケーション・ゲーム

 3.プラスの接し方~肯定思考を身につける~

 (1)肯定思考とは

 (2)ストローク

 (3)言葉の影響力~肯定語と否定語~

 (4)感謝する人

 (5)長所発見の姿勢

□次回の予定

次回525日(木)は、「聴く姿勢~カウンセリングマインド~」

について行います。

 

3.受講者の方の感想

    人に説明をする場面で、質問が出ないときは、聞き手の理解度や

気持ちが分からないが、自分も質問や確認をしないことがあるな

と思った。

    肯定語を使うと雰囲気が良くなることが実感できた。職場で意識して

使っていきたい。

    コミュニケーションは本当に重要だなと感じた。納期が遅れている

案件も、もっと自分から質問していれば、防げたかもしれないと思った。

    肯定語は、できるだけ後輩にも使っていきたい。

    日頃から、コミュニケーションが足りていないと言われている。まずは

自分から相手に関心を示すことが必要と考え、少しずつ行動し始めている。

    肯定語と否定語の影響の差がこんなにあるのかと思った。

    営業するときでも、お客様を喜ばせたいと思っているので、
言葉遣いに
気をつけたい。そして、自分の営業スタイルに取り込みたい。

 

4.講師所感

     コミュニケーションの質を高めるためには、まずは「量」を増やす

ことが必要です。

     そこで本日は、GWの過ごし方についての各自の報告からはじめました。

     日常的な会話なので、皆さんスムーズに発表していただけ、その後の

研修も入りやすくなりました。

     今日は、ゲームや意見交換、ワークなどを行い、体感していただくことに

重点をおいたので、実感として理解していただけたようです。

     コミュニケーションの精度は、伝え方にも左右されますが、それよりも

大きなポイントは聞き手の熱意によります。

     聞き手の熱意は、質問や確認の量に現れます。質問するのには、
エネルギー
が必要ですので多少不明確なことがあっても、そのままに
してしまうことも
あります。

     論理的な説明だけでは、聞き手に関心を持ってもらうことが難しい
場合が
あります。

     人は、内容よりまず誰が話しをしているのかを見ます。
そして相手によって
聞く姿勢を変える傾向があります。

     そういう意味では、どのような人間関係を築けているかが
とても大切な要素に
なることを理解していただけたようでした。

 

以上

 

※リーダー、幹部社員の育成をお考えの方は、お気軽にご相談ください。

 

※社内で行う勉強会もお手伝いしています。お気軽にご相談ください。

  電話番号  042-349-7775

  e-mail   info@management-staff.co.jp





インフォメーション