第5回 次世代リーダー養成道場実施報告!
------------------------------------

皆さん、こんにちは。

マネジメントスタッフ『人財育成支援部』です。

いつもお世話になっております。

 

地域企業のリーダー育成を支援する『次世代リーダー養成道場』

第5回を実施いたしました。

今回は、「問題解決その3」を行いました。

考え方を学び、スキルを身につける学習と、実際にグループ討議

を行いながらアイディアをまとめていくというワークにも取り

組んでいただきました。

 

以下、その概要です。

どうぞ、ご覧ください。

 

1.実施概要

 テーマ :第5回「問題解決のステップを理解しよう」-3

実施日時:平成29年4

開催場所:埼玉県日高市 某所

 

2.講義の内容

□前回の振り返り

(1)原因追及の進め方

(2)原因の分類

□今日のテーマ『対策立案の考え方を理解しよう』

1. 対策立案と案の評価

(1)対策の種類 : 戦略、戦術、当面策

(2)対策の考え方

①グループ討議 ②発表 ③講師コメント

2.アイディア発想と評価

(1)対策立案と案の評価

(2)アイディア発想法

(3)ロジックツリー

 □次回までの課題

各自の問題について、「なぜなぜ問答」を行ってくること。

□次回の予定

次回427日(木)は、「問題への当事者意識」と「プラスの

コミュニケーション」について行います。

 

3.受講者の方の感想

    もっと自由に意見を出し合うことができればと思う。

    今までは、相手の話を聞く際に決めつけていたが、考える切り口を

学んだことで、しっかり聞くようになった。

    しかし自分が意見を求められたときには、間違えたらいやだなと

思ってしまい、発言を控えようとしてしまう。

    新年度の計画がまだ立てられていない。コミュニケーションギャップが

生じないよう、さまざまな角度からしっかりと意見交換をしていきたい。

    これまでやってきたことが、しっかりと身についていないことを感じた。

    (現場の問題だった)年度更新は乗り切ったが、6月には次の課題が

待っている。企画の立て方、計画の立て方、問題解決の手順などを

しっかりと意識して取り組みたい。

 

4.講師所感

     メンバーから意見を引き出すというのは、リーダーの大切な役割の

ひとつです。そのためには、質問の仕方と話しやすい雰囲気づくりが

ポイントになります。

     どんなに優秀な人でも、ひとりの考えには限度があり、当然、偏った

ものになります。グループで意見交換することで、様々な角度からの

アイディアを出すことができます。

     異質なものが出会うことで、新しいものが誕生します。ですから、

人と異なる意見が重要なのです。

     間違っているかどうかを気にするよりも、まずアイディアをたくさん

出すことです。

     「質は、量の中にあり」というのが、アイディアを考える際の基本

コンセプトです。

     第1ステップは、ものの考え方の原理原則を学ぶことがねらいです。

そしてこの場では、学ぶこと、気づくことはできますが、身につける

ためには、日々の仕事の中で意識し、活用していただきたいと思います。

 

以上

 

※リーダー、幹部社員の育成をお考えの方は、お気軽にご相談ください。

 

※社内で行う勉強会もお手伝いしています。お気軽にご相談ください。

  電話番号  042-349-7775

  e-mail   info@management-staff.co.jp





インフォメーション